ノーサイドゲーム出演の落語家 林家たま平のラグビー歴や落語家になった理由は?

こんにちは!

今日はノーサイドゲームに‟佐々一(ささはじめ)”役で出演した
落語家林家たま平さんのラグビー歴と落語家になった理由ついて紹介します!

スポンサーリンク

プロフィール

Instagram@tamahei.hayashiyaより

本名 海老名 泰良(えびな やすよし)

生年月日 1994年5月29日

出身 東京都

出身校 明治大学付属中野中学・高等学校

好きなタレント 蘭寿とむ(元宝塚)永作博美

過去には日舞の名取で三味線や茶道を習っていたそうです

スポンサーリンク

関連記事:元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗はラグビーW杯のアンバサダーをしてたって本当?

ラグビー歴

Instagram@tamahei.hayashiyaより

中学高校と強豪の明治大学付属中野でラグビーをやっており
中学時代はウィング、高校はプロップとしてプレーしていました!

花園(高校の全国大会)を目指していたそうですが高校3年生の時決勝で国学院久我山に敗れ花園への夢は断たれてしまったそうです

ですが決勝までいったのすごいですよね!!

また今でも筋トレは続けているそう

https://www.instagram.com/p/Byz-bcoAF-s/

とても腕が太いですよね!

スポンサーリンク

ラガーマンから落語家になった理由

Instagram@tamahei.hayashiyaより

父は9代目林家正蔵さん、祖父は初代林家三平
落語一家に生まれた、たま平さんは6歳で「こぶた」を名乗って三平一門会の高座に上がりました

しかし本格的に落語家を意識したのは中学3年生の時に
人を楽しませる、こんな面白い仕事はない、中学卒業したら入門しよう」と思ったそうです

しかし父に「高校までしっかりやれ」と言われ
中学卒業での入門は断念したそうです

そして高校卒業後の2013年推薦で明治大学への進学もあったが
実の父である9代目林家正蔵に入門しました!!

夢を追って落語家になったこと、また理由がとても素敵ですね!

関連記事:バレーボール日本代表荒木絵里香選手の旦那は元ラグビー日本代表?現在の職業は?

今後の活動情報

Twitter@tamahei_h

そしてなんと2020年1/20(横浜)、2/4(大阪)、2/25(東京)で独演会が予定されています!

ノーサイドゲームファンなら
落語家としての姿をぜひ見てみたいですよね!!

さらに浜畑譲選手こと廣瀬俊朗さんのトークも聞けちゃいますよ!!

2020年1/20(横浜)、2/4(大阪)、2/25(東京)でも独演会が予定されています!

こちらはすでにチケット発売されていますのでみなさん行きましょう(^ ^)

また12/27公開の映画「男はつらいよ50お帰り寅さん」にケアセンターの職員役として出演します!

こちらも好演技が期待できるので目が離せませんね

落語に俳優に大忙しの林家たま平さんの今後の活躍に注目です!

スポンサーリンク