餃子だけじゃない!宇都宮おすすめ観光地〜大谷資料館〜

宇都宮といえば餃子ですが実は宇都宮には見るものを圧倒する地下空間があります。

それが大谷資料館です!

今回はそんな大谷資料館の魅力について紹介します!!

1.大谷資料館とは

大谷資料館の地下採掘場跡は約70年かけて大谷石を掘りだしてできた巨大な地下空間です。

また大谷石の採掘方法などを紹介しています。

2018年5月に日本遺産に認定されました。

2.アクセス

2.1 住所

栃木県宇都宮市大谷町909

*敷地が広大なためカーナビで住所を入力すると迷子になるそうです!!入力の際は施設名か電話番号(028-652-1232)を入力してください

2.2 開館時間

4月~11月 9:00〜17:00 (最終入館16:30まで) 

12月~3月 9:30〜16:30 (最終入館16:00まで)

休館日  4月~11月無休 12月~3月毎週火曜日休館(火曜日が祭日の場合翌日休館)年末・年始 12月26日~1月1日休館

臨時休館の場合もありますので電話でご確認ください

*2019/5/11現在の情報です

2.3 料金

大人:800円

子供400円(小・中学生)

未就学児無料

身体障害者手帳をお持ちの方はご提示で団体料金と同額になります。

団体料金(20名以上)

大人:700円 

子供:350円(小・中学生)

3.大谷資料館の魅力!!

入ってすぐ上から見下ろした景色です!

目の前に神秘的な地下空間が広がります


これはスマホで撮った写真なので肉眼はもっときれいですよ(*^-^*)

階段を降りると

とっても広いんです!!

ここでモーターショーなどもやるみたいです

ライトアップも

假屋崎省吾さんの作品も展示されています

他にも暗くて上手く写らなかったのですが機械堀の跡などでできた壁面も芸術的で美しいのでぜひ見てみてください!

                           また機械堀の方法もいくつかあり、それによってつく模様が異なるので見比べてみるのも楽しいですよ(^^)

最後に!地下空間は年平均気温が8℃ととても寒いので上着を持っていくことをお勧めします!!!

ちなみに私は春に行きましたが、ユニクロのウルトラライトダウンを着ました(-_-)